HOME  >  お知らせ一覧  >  水分補給はこまめに

水分補給はこまめに

  • 水分補給はこまめに2013年5月23日

    もうすぐ暑い夏がやってきます、気になるニュースみつけました。

     

    「まず脳卒中とは、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の総称です。患者の割合は脳梗塞が約7割、脳出血が約2割、くも膜下出血が約1割となっており、大部分を脳梗塞が占めているのですが、脳出血やくも膜下出血は、寒さで血圧が高くなる冬に起こりやすいことは比較的知られていました。しかし、厚生省研究班(当時)の調査によると、脳梗塞については夏(6〜8月)に発症することが一番多いことが示されました。そこで、夏が来る前に注意喚起をするべく、5月の最後の1週間を脳卒中週間としたわけです」(日本脳卒中協会・中山博文先生)

    脳梗塞に関していえば、むしろ夏が危険だったとは…。でも、どうして夏に多いのでしょうか?

    「脳梗塞の原因である血栓は、脱水状態になるとできやすくなるためです。夏は発汗などにより、体の水分が失われがちですからね。そのため、この時期こまめに水分をとることを心掛け、とりわけ水分が失われたままになりやすい睡眠時のリスクを低減するために、汗をよくかいた日は夜寝る前にコップ1杯の水を飲むことが予防につながります」(中山先生)

千石温泉水販売

ページ上に戻る